FC2ブログ

終末は息を抜く

今週は散々な株価だったような気がする。


そういうこともあって(株価の下落)
しょうがないやと思わないとやってられない。

今日は何かと忙しく、あまり株価を気にしない日だったが
日経は今日もマイナスでした。

そういう中で、欲しい株が下がったので
買ったら、また下がりまして
おやおやと言う思いです。

出先で買ったのですから、しょうがないか。

本当は上がって行く株を確認しながら買わなくては行けなのですが
そこはまだずぶの素人ですから下がるとつい
買いたくなるのです。

その株をあと100株
買うつもりでいますが
それは、安値変換点を確認したら買うつもりです。

昨日書いた「なんぴん?」
うーーーーん

そうかもね。

でも、単純な話
株は
安い時に購入
高い時売る

ですから、それを忠実に守れば難しいことはないはずなのにね。


来週は明るい希望の株式になりますように。

金曜日の夜は、仕事が終わったようにほっとします。

月曜日に備え

休養です。

ナンピン?

夜中のダウが芳しくないので
今日は、憂鬱な数字間違いないと、ルンルンとはいかない日になるなぁ~と。

そんな時、株仲間のNちゃんからライン!

「おいおい、負の連鎖。。。」と。

案の定、今日は利益のあった私の銘柄、マイナスと転じまして、
数日前までかなりの利を出していたその銘柄も
「およよ」と言う次第。

と言うのは、利確するはずが、私欲で、決めかねて
指値をしたけど、その数字に行ったにもかかわらず、
終わりまで売れなかったので
持ち越し。


何故、刺し値を下げなかつたのかと、超反省。


ということで下げたところで買いまわしわしたいのですよ。

「ナンピン」「難平」「何品」とも書きますが
下値で買いまわしするのですが
私の友人は、あまりにも持ち株が下がったので
半値でナンピンしました。
結果、もっと下がり物凄い損失中です。

ナンピンはあまりいい表現には使われないのですが、

その株で勝負と決めているので
少し下げた理由から 私はそれが欲しいわけです。

希望通りの値に近くなれば
買うつもりでおります。

こんな株価の下がった時は
気落ちはしていられません。

「買いのチャンス」だと私は思います。

下げでも、その株が優良な良い株ならば
必ず上げていくはずです。

今回この株で、一度目のチャンスを逃したので
次回は決めて、すっきりします。

逃したのはチャンスだけで、現ナマではありません。
今日の少ない含み損は
目ではありません。


と言いながら明日の株はどうなるのかと少々気に掛けます。

しかし、

「しばし待て!」

これが私の、心の言葉です。

本日も冴えません

本日の日経も冴えません。

ただ今朝の11時23分
日経マイナス32(0.以下省略)
21777円を記録しています。

22750円を超えてくれないとなかなか面白くありません。


こういう時は静かに
時の流れを待つのみです。


しかし、私のお友達のTちゃんが
株はめぐるものだから
そろそろ「クラッシュ気をつけにゃいかん!」

その言葉が本当なら
株価が近い未来半分以下になる日が来る?

ああ、恐ろしいですが、
明日ではないようですが
これは誰にも分らない事です。

誰にも答えは出せない話です。

私の様な小口投資家にかあまり堪えない話です。と言うか私が鈍感なのです。

しかし、今週はさて、株価はどうなるのでしょうか?

本日大幅下落

毎日株をやるものが気にする一つ

日経です。
「日経平均株価」と言うものを気にしないで株は出来ません。

ダウ式平均株価の事であります。
一部上場の1700銘柄から
225銘柄を選び
経済新聞社が数秒ごとにその指数を公開します。

この225社の株価が下がれば
日本の株価は下落します。

勿論225社は中身が時々交代します。

経済的にはこの指数が右肩上がりになり
日本経済は発達していきます。

私は、過去に株に興味がありませんでしたが
ニュースなどから日経は気にしたりしていまして、

記憶にある日経の数字は
「16000円」台でした。

今から30年くらい過去でしょうか。

現在の日経は 2万円台になっていまして、

その日経のが、今日朝を迎えると
-400円くらいに落ちていました。
昼頃には-700円台終わりでした。
午後終わるころにはかろうじて-400円台終わりまで行きました。

こは株をやるものにはかなりの痛手です。

11月になり、不安定だった株がようやく落ち着くのではと言う夢も消えたのですね。

私が夜中にニューヨークダウを見てみると
200ドル台のマイナスでした。

「おっ!やば!」と思い眠りました。
再び、朝方
ダウを見たら600ドルのマイナス。

これはちょっと厳しい朝を迎えると言う思いで目を覚ましました。

下げた理由は、ちょと難しすぎて
ここに書く能力がありませんので控えます。

そして、私の株も
4パーセントの下げとなりました。

10万円なら4千円
100万円なら4万円
1000万円なら40万円です。

株の良い所は
下げるだけで会社が倒産しない限り
「ゼロ」にはならない点です。

リーマンショックが起こっても
半分です。

「ゼロ」にはなりません。

取り返すのに10年かかる株もありますが
ギャンブルのように
「ゼロ」がない点、涙は半分で済みます。

私はこのように、突然株が大きく下がろうと
あまり気にはしません。

又、必ずと言っていいほど
株価は上がってきます。

だから、その生きてるものを扱う
スリルが
脳内モルヒネを出し

70歳のこの脳を生き返らせるのです。

無きごとを言う人は

株屋には向いていません。

勝利者は

「売る時、買う時 冷静な人」
「待てる人」
「損切の上手い人」

に尽きると思います。

私はケチなので
「損切り」は絶対にしないのですが
目の前に上がると分る株があれば思い切ります。

あくまでも
待つタイプです。

という訳で、今日はとんだ日になりました。

年末に向かい
ぼちぼち上げていきますように。


40年前の株取引の印象

昔まだ私が30代の頃、今から40年も昔だわね。

知り合いの女性が超株取引をしていて
そこへ友達と遊びに行ったら、

電話を家じゅう引っ張っていかれる線の長さにしてあり
私たちがそのお宅に遊びに行ってたのにもかかわらず
彼女は一時も電話を離さない。

今のようにネット証券がないから
証券会社からひっきりなしの電話で、
私たちは、何で遊びに来たのか、理由が分からなくなってしまった。

お昼をご馳走になるのだが
冷蔵庫には大量の冷凍食品の山
超デカいエビフライの冷凍が売るほどあった。

電話片手に
「売って!」
「はい!買い!」
と言いながら彼女はエビフライを慣れた手つきで揚げて
私たちに差し出したが、

昼をいただき私たちは早々と引き上げてきた。

家も大きく
いかにもお金がありそうな彼女の生活だけど

夫が、家から出て行ってしまい
子供二人とその奥さんの三人暮らし。。。。。

ええ?それでいいのかと、、、私たちは思ったが

自分は、あんなふうになりたくはないと(いやできないなと)
「株」って恐ろしいと言う思いが、胸いっぱいになりました。


その後、彼女は株で生活をして
娘二人を株で儲けたお金で医大に入れ
医者にして、ほどほどの
財を成すのですが

今は付き合いもなく、さぞかし彼女も歳を取ったであろうと想像します。
当時10歳くらい年上でした。今でもですが。。。

そうです。

その時から
私は株は家庭を壊す怖いものと印象づいたのです。

娘二人を医者にして、すごいと言えるのかもしれませんが
私の様な能力のない女には
夫を失うと言う怖さだけが印象に残りました。

それが40年間私が描いていた怖い株の世界です。
最近のコメント
プロフィール

ナタバー

Author:ナタバー
nozoki[1]

お婆さんの株日記
生き甲斐は株!
   






2013年4月19日からのカウント



最近の記事
カテゴリー
占い
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク